エレキバイオリンを直した。

   

 

エレキバイオリンを弾きたくなってきたので手持ちのを引っ張りだしてきた。

手に入れた当初からアンプにつないでも音が出ない子。

とりあえず配線系を中から全部引っ張りだしてみた。

 

左からピエゾピックアップ・電源ボックス・コントロール系とジャック。

 

音の出ない原因は多分こいつでウンともスンとも言わない。

専門的な知識があれば直せるんだろうけど、簡単なディストーションを本見ながら作るぐらいの知識しかないので荒療治で使えるようにする。

 

ピックアップとジャックを直結。

まぁ、コントロールなくてもアンプ側で調節すればいいし。

とりあえず音は出たのでこれで終わり。

 

エレキバイオリンの多くはピエゾタイプのピックアップを採用してるみたいだけど、僕あんまりピエゾ好きじゃないんですよね。

トレブリーな楽器にトレブリーなピックアップってのがなかなか耳が辛い。

エレキギターに使われるマグネティックピックアップのバイオリン版無いのかなーと調べてみたら海外のほうで製作・販売してるところがあるみたいです。

マグネティックタイプは中音域が豊からしいのでバイオリンと合わせればバランス良いんじゃないかな。

調べたら結構簡単な構造してるので作ってみたら面白いかもしれない。

生バイオリンに比べたらどんぐりの背比べな気がしますが…。

 - バイオリン, 製作