バイオリン作ったり冒険したり森暮らしに向けて準備したり

はぐれバイオリン職人カシュ

食の半自給自足

 
この記事を書いている人 - WRITER -
孤軍奮闘の「はぐれバイオリン職人」 バイオリン作りに本気を出しつつ、森暮らしの準備中。

※今まで調べたことをかみ砕いて超適当に細かい事気にせず書いてるのであんまり参考にしたり真に受けないでね!

 

森暮らしをする上で、基本的に食べ物は半自給自足したいと思っています。

お金で買うのは主食と調味料のみ。

お米・小麦粉・パスタ等を買って、おかずは自分で作る・採る・獲る。

お米を一日三食食べるとして一日の必要量は人にもよるけど一日2合。

2合をかける30日で計算すると9kgのお米が必要になります。

10kgのお米の相場が3500~4000円くらいっぽいので

ひと月の食費が大体4000円+各種調味料等1000円で5000円位に収まればいいかな。

 

問題はおかずをどうするか。

畑仕事に精を出さなければなりません。

候補に挙がるのはジャガイモ・トマト・ナス・大根・ネギなどなど。

この辺は一通り作ろうと思っています。土地の条件にもよりますが。

ぶっちゃけどうにでもなるのでこの辺はあんまり気にしてないです。

収穫した野菜を一年持たせる方法などの細かいことは追々気が向いたら。

 

 

最近特に気にしてるのは動物性たんぱく質の確保。

養鶏や養兎なども考えましたが、管理や糞尿の処理など考えるとなんとも・・・。

卵は欲しいので小脇に一匹抱えたいですが。

 

現在の現実的な考えは罠猟による狩猟で肉を得ることです。

 

日本人の平均的な年間肉消費量は約30kg。

鹿やイノシシ一頭で得られる肉は20~30kgと言われてます。

1頭獲れれば一年分の肉が賄えちゃう。

2頭で肉食系男子。

3頭で肉パーティー。

 

もちろん冷蔵庫なんか使う予定もないので、一年分の肉を保存するためには干し肉にする必要があります。

本来であれば今年罠猟師デビューして実際に干し肉を作ってみる予定だったのですが、時間がなく狩猟免許を取れてない状態です。

ぐやじい。

近々市販の肉でお試し予定。

 

罠猟にかかる費用を計算してみましょう。

・狩猟者登録料 1800円

・狩猟税    8200円

・保険料   約1500円(罠3個使用)

その他、実際に使う罠を用意する必要がありますが100均に売ってるもので作れるようです。

ざっくり適当計算で年間1万5000円くらいでしょうか。もうちょっとかかる気がしますが。

一か月1250円で肉食い放題・・・って考えるともう罠やるしかないですよね。

ちなみに銃猟は、森暮らしではあまり現実的なコストではないので即却下。

猟友会費ェ・・

能動的な猟は憧れますけどね。

 

ってことで猟での出費やらなにやらも含めて月の食費が7000円くらいに収まれば万々歳かと思います。

食に関してのノウハウ的なものも色々知識として入れているつもりなのでそれらはまた気が向いたら。

この記事を書いている人 - WRITER -
孤軍奮闘の「はぐれバイオリン職人」 バイオリン作りに本気を出しつつ、森暮らしの準備中。

Copyright© はぐれバイオリン職人カシュ , 2018 All Rights Reserved.