バイオリン作ったり冒険したり森暮らしに向けて準備したり

はぐれバイオリン職人カシュ

5弦フレッテッドバイオリン完成

 
この記事を書いている人 - WRITER -
孤軍奮闘の「はぐれバイオリン職人」 バイオリン作りに本気を出しつつ、森暮らしの準備中。

ニスの追い乾燥で明らかに塗面の状態も良くなったのでナット・駒・魂柱のセットアップをしました。

ようやく完成です。

ニスの塗り替えをしなければこんなに時間がかかるもんでもないですが…

でもやっぱり自作のオイルニスってのは何か気持ちが良いですね。

5弦バイオリンは何度か触ったことはあるんですが実際弾いてみると違和感が凄い凄い(笑)。

思ったより弦同士の感覚が狭い印象ですが、上ナットの弦割りは通常の4弦と同等の5.5mm幅でとりあえず切ってみました。

駒に関しては通常のバイオリンはGとEの間の間隔が34mmほどですが、指板・ネックのサイズから察して37mmで様子見することに。

GとE弦を弾いた時の弓とc部の干渉が怖かったのですが、全然問題なかったですね。

もう少し弦の間隔を広げてもよさそう。アールももう少しきつくしても良いかな。

この記事を書いている人 - WRITER -
孤軍奮闘の「はぐれバイオリン職人」 バイオリン作りに本気を出しつつ、森暮らしの準備中。

Copyright© はぐれバイオリン職人カシュ , 2018 All Rights Reserved.